“Pursuit” Bronze 2005. Private Collection, Tokyo, Japan

追跡 ブロンズは

MNS-31 Pursuit 追跡 Bronze ブロンズは

 

Pursuit 
Masaaki Noda
Bronze


2002



xxxxxx
xxxx
xxx

2005

Artist Comments

Bronze From Left: “Possibility”, “Pursuit”, “Sublime”, “Homing-B??????” “Masaaki Noda Exhibition: Message form New York” Fukuyama Museum of Art 2006
ブロンズ左から「可能性」、『追跡」、「サブライム」、「帰還ーB」 野田正明展 ニューヨークからのメッセージ ふくやま美術館での展覧会(2006年)は、34年間の作家としてのキャリアの総括として大きな節目となりました。 2ヶ月の期間中、城戸まあ子さん、元メトの学芸員:ロバート・スチーブンビアンキ氏、筑波大学教授:守谷正彦氏による講演、ニューヨーク三上クニ氏ジャズ演奏、児童絵画教室など、数々の実験的企画を大前学芸員と行い、連日新聞、テレビ、ラジオに出ずっぱり。 リピーターが絶えませんでした。 多くの出会いがあり、これを起点にその後、多くのの企画プロジェクトが立ち上がっていきました。 2012年、福山市市政95周年記念に設置した、福山駅前へのモニュメント ”いまこそ未来” はその象徴的なものです。 現在福山市へは13カ所に公共モニュメントがあり、広島市、松江市、京都府、新宿区、ニューヨーク、ギリシャ、中国へとつながっています。 8/28/2020


Bronze From the left, “Potential”, “Chase”, “Sublime”, “Return-B ??????” Masaaki Noda Exhibition Message from New York The exhibition at the Fukuyama Art Museum (2006) marked a major milestone as a summary of his 34-year career as a writer. During the two-month period, Ms. Maako Kido, former Met curator: Robert Stephen Bianchi, University of Tsukuba professor: Masahiko Moriya gave a lecture, New York Mikami Kuni jazz performance, children’s painting class, etc. He planned with the curator Omae and appeared in newspapers, TV and radio every day. There were a lot of repeaters. There were many encounters, and many planning projects were launched after that. The monument “Now is the future”, which was set up in 2012 to commemorate the 95th anniversary of Fukuyama City administration, is a symbol of this. Currently, there are 13 public monuments to Fukuyama City, which connect to Hiroshima City, Matsue City, Kyoto Prefecture, Shinjuku Ward, New York, Greece, and China. 8/28/2020
Making “Pursuit” Bronze Takaoka, Toyama 2005
「追跡」 ブロンズは、銅、錫、亜鉛、ニッケルなどの合金で成り立っていて、それぞれの金属の含有量によって色が変わっていきます。 風雨、年月の経過によって、青銅色になっていきますが、日本の酸性雨の中では、均等に精銅色になりにくく、またメンテナンスに手間とかなりのコストがかかります。 野外にメンテナンスなしで置かれている、ブロンズ像などは長年の酸性雨、風雪によって表面が腐食、劣化しています。 昔に作られたブロンズ像は(大理石像も)劣化のため、現在では屋内に保存され、野外のはほとんどレプリカとなっています。 今回の作品は、屋内用なので、無垢の色にクリアーをかけて仕上げています。 高岡市、富山県 2005年


Bronze is made of alloys such as copper, tin, zinc and nickel, and its color changes depending on the content of each metal. It becomes a bronze patina due to wind and rain and the passage of time. In acid rain in Japan, it is difficult to evenly become bronze patina color, and maintenance is troublesome and requires considerable cost. The surface of bronze statues, which are placed outdoors without maintenance, has been corroded and deteriorated by acid rain and wind and snow for many years. Due to the deterioration of the old bronze statues (and the marble statues), they are now preserved indoors and most of the outdoors are replicas. Since this work is for indoor use, it is finished with a clear color. Takaoka City, Toyama Prefecture 2005
Making “Pursuit” for Bronze Yagi Corporation, Kyoto 2003
「追跡」 ステンレス 大型彫刻モニュメントプロジェクトの傍、京都ではブロンズの制作を続けていました。 ステンレスの展開だけでは限界があるし、後から始めても熟成された完成度まで到達するのに長い時間がかかるので、常に並行して異なるメディアでの制作を行っています。 版画、絵画も全く異なったアプローチで同時進行しています。 チグハグさは望むところで、脈略がなさそうに見えても、最後に見えてくるのは野田という媒体が創った相互の関係性です。 異世界の併合が理想です。 八木製作所、京都 2003年


“Pursuit” Beside the large stainless steel sculpture monument project, I continued to produce bronze in Kyoto. There is a limit to the development of stainless steel alone, and even if you start later, it will take a long time to reach the matured perfection.  We are always producing in different media in parallel. Prints and paintings are also proceeding at the same time with a completely different approach. Chiguhagu is what you want, and even if it looks like there is no vein, the last thing you can see is the mutual relationship created by the medium. The ideal is to merge different worlds. Yagi Seisakusho, Kyoto 2003
Making “Pursuit” for Bronze Yagi Corporation、Kyoto 2004
”追跡”は京都の工場で、2003−2004年の間数ヶ月をかけて制作をしました。その間八木製作所の制服をもらって、工場の一員として仕事をしていました。 職人の街京都には、生粋の職人さんをはじめ、京都芸大、精華大学などからの、優秀でセンスのある工員さんたちが多く、教えられることの方がたくさんありました。 画家である私が彫刻家として現在あるのも、多くの人たちの後押しがあってのことです。 30代初頭には彫刻家になるとは、微塵も思っていませんでした。 予期しないことが起こる人生には、岐路があり、その度にキーパーソンと言える人々との出会いがあります。 八木製作所、京都 2004年

”
“Pursuit” was produced at a the Yagi factory in Kyoto over several months between 2003 and 2004. During that time, I got a uniform from Yagi Seisakusho and worked as a member of the factory. In Kyoto, the city of craftsmen, there were many talented and talented workers from Kyoto City University of Arts, Seika University, etc., including genuine craftsmen, and there were many things to be learned. Originally as a painter, I am now a sculptor because of the support of many people. In my early thirties, I never thought I would become a sculptor. There are crossroads in life where unexpected things happen, and each time we meet people who can be called key persons. Yagi Seisakusho, Kyoto 2004
Making Bronze Takahashi Foundry Takaoka, Toyama 2005
富山県、高岡市は日本有数の鋳物の町で市内至る所に、鋳物が展示してあります。 高岡の前は、京都で鋳造していましたが、彫刻が複雑になり、経費と技術的な問題で高岡で製造することになりました。その場合1点のみの鋳造は受け付けないということで、一気に5点を鋳造しました。 通常複雑な形は抜き難いので、いくつかのパーツに分けて後で溶接するのですが、その場合溶接部が残ってしまうので、無理を言って分割せずに鋳造してもらいました。 作業は大変でしたが、綺麗に仕上げてくれました。 鋳造の過程を見学しましたが、1000度超の高温での流し込みは、緊迫感の中三人の職人さんの、流れるような連携作業で行われました。 いろんな工場で、様々な作業工程を見てきましたが、それぞれ異なった職人技術に感銘を受けます。 一人スタジオで絵を描くのと異なり、彫刻は多くの人々との関わりの中で作られていきます。 それによって、私の作家としての世界観は大きく変化していきました


Takaoka City, Toyama Prefecture, is one of Japan’s leading casting towns, and castings are exhibited throughout the city. Before Takaoka, it was cast in Kyoto, but the engraving became complicated, and due to cost and technical problems, it was decided to manufacture in Takaoka. In that case, we did not accept casting of only one point, so we cast five points at once. Normally, it is difficult to pull out complicated shapes, so I divide it into several parts and weld them later, but in that case the welded part remains, so I forced myself to cast it without dividing it. The work was difficult, but it finished beautifully. I observed the casting process, but the pouring at a high temperature of over 1000 degrees was done by three craftsmen in a sense of urgency, in a fluid collaborative work. I have seen various work processes in various factories, but I am impressed by the different craftsmanship. Unlike painting in a studio alone, sculptures are made in the context of many people. As a result, my view of the world as a writer changed drastically.