“Afar-SN” Stainless Steel

「はるかにーSN」

“Afar-SN”
Stainless Steel
90x80x35cm
1988-1993
「はるかにーSN」 
モデル制作が1988

Stainless Steel 90x80x35cm


1988-1993

「はるかにーSN」




ARTIST COMMENTS:

“Haruka far SN” Model production was in 1988, and it took five years from the idea to reach the stainless steel material through copper and COR-TEN steel.

I moved from painting to sculpture as it is, but the painting on the two-dimensional screen is from one direction, not from 360-degree omnidirectional, so it was my first experience making balance as a whole, so I had a hard time.
It was made me realize that sculpture is an art of real space, and of course, it is completely different from painting that expresses a fictional space on a plane.

In the sculpture, the mass appears as a real thing and a resistance, so I dared to seek a form that leads to the departure from gravity, floating, spiral flow-DNA life.

Production from 1988 to 1993


「はるかにーSN」 

モデル制作が1988年で、銅、コールテン鋼を経て、ステンレス素材までたどり着くのに、発案から5年かかりました。

絵画からそのまま彫刻へと移行していきましたが、2次元画面の絵画は一方向からの視点であり、360度全方位からの表現ではないので、全体のバランス作りは初体験で、苦慮しました、彫刻とは実空間の芸術で、平面に虚構空間を表現する絵画とは、当然のことながら、全く別のものであることを認識させられました。

彫刻では質量が現実のものとして抵抗感として出てきますので、あえて、重力からの離脱、浮遊、螺旋の流動-DNA 生命へとつながる形象を求めていました。

1988から1993年までの制